<   2009年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
考えだしたらきりがない
e0137810_1271739.jpg

数日前の新聞に掲載されていた広告です。Googleが世界各国の書籍をスキャンしてデータベース化し、アクセス権やデータを販売するにあたり、賛同できなければ自分の書籍を対象から除外するよう申し出ることを求める広告です。

朝刊に載った「広告」の意味

内容がかなり強引。ただもうなにか不自然で不気味なだけの広告ですね。
Googleは神にでもなるつもりなんだろうか。大袈裟かな。
[PR]
by architect_osaka | 2009-02-28 02:04
iPodの刻印サービス
終電に駆け込んだ時にiPodをホームに落とし、動き出した電車の中からどうする事もできずに見ていた、という話を聞きました。

次の駅で降りて引き返せば、まだあるかもしれない。
けど、引き返すと電車が無い。
それに、引き返しても誰かに拾われてもう無いかもしれない。
こんな状況、想像するだけで寒気がします。

そんな時、iPodに電話番号を彫刻してあれば拾った人が連絡してくれるのではないでしょうか?ものすごくそんな気がします。刻印サービスなんて興味なかったけど、どうせ落とすなら電話番号を書いてあるほうがましかと思いましたが、やっぱり気持ち悪いか。

結局、次の駅で引き返したけどiPodはなかったそうです。
e0137810_0453610.jpg

[PR]
by architect_osaka | 2009-02-24 00:46
Skream - If You Know

[PR]
by architect_osaka | 2009-02-21 01:13 | YouTube
思うところ、
長い宇宙の歴史の中で、地球の歴史なんてほんの一瞬です。
その地球の歴史の中でも、生物が生きられる環境が保たれていた時期も一瞬です。
地球の歴史のほとんどは氷に閉ざされていたり、火の海だったりと、とても生物が生きられるような環境ではなかった。今はたまたま地球の安定期というわけです。
e0137810_0524864.jpg

[PR]
by architect_osaka | 2009-02-20 02:09
DUBSTEP RUDE
こんばんは。

そういえば、先週の話ですが
DUBSTEP RUDE at NOON に行ってきました。
e0137810_22524211.jpg

このフライヤーのデザインもかっこいい。

ゲストの Skream / Benga (Tempa) すごい盛り上がりでめちゃくちゃよかったなー。
T2R やサイケアウツG 、RHY-Sも一度に見れて良かったです。
e0137810_2121711.jpg

ただ、ほんと個人的な理由ですが、
この日は風邪気味で体調があまり良くなかったので、
すっごく疲れました。
帰りの電車ではiPodでずっとフィッシュマンズ聞いてました。
[PR]
by architect_osaka | 2009-02-19 02:08
自分を疑うなっ!(たまに疑えっ!)
古本屋で並んでいる本のタイトルをいちいち読んで選んだり、はたまたキングコングの前でフライヤーの内容を一枚ずつチェックしていたらキリがありませんよね。なので大体いつもバァーッと見ているのですが、それでも目に留まった本やイベントのフライヤーは面白そうなものが多いです。特に最近はよくあります。いろんな音楽を聴くようになったり、よく本を読むようになり興味の幅が広がって、ひっかかってくる事が増えることもあると思います。でも自分の興味がある事はやっぱり脳が一番よく知っている訳で、書いてある事を読んで興味を理解するよりも、考えずに脳に任せるのがいい時もあります。
ということで、店に置いてあるフライヤーの束の中から見つけた一枚。
e0137810_2172973.jpg

2009/02/20 (Fri)

CAUTION @ NOON

GUEST DJ: NUMANOID a.k.a DJ TSUYOSHI
LIVE: DAMAGE / EERECTIONN / CYCHEOUTS G / JOHNNY FUCK FEVER
DJ: KENJI MARUI / OSAKAMAN
VJ: GORAKU

22:00~allnight

DOOR: 3000yen(1DRINK)
ADV: 2500yen(1DRINK)
[PR]
by architect_osaka | 2009-02-17 02:28
人類最大にして最強の敵 「めんどくさい」
何か面倒な問題に直面すると、以前に自分がそれと同じような問題を片付けなければならなかった時の事を思い出し、とたんに活力が干上がり問題の解決に取りかかる前にもうくたくたになって気落ちする。

ほとんどの人は過去の自分はどうしようもなくバカだったと思っているにもかかわらず、そんなバカな自分が経験し考えた事を基にして、これから起ころうとする問題を査定・評価している。
しかも、この間違いを死ぬまでずっと習慣的に犯し続け、自分自身の生命力を常習的にだいなしにしてしまう。
[PR]
by architect_osaka | 2009-02-13 00:32
Shepared Faire
e0137810_147066.jpgShepared Faireでも捕まるんだな。
なんかありそう。
[PR]
by architect_osaka | 2009-02-11 01:48
コリン・ウィルソン 「賢者の石」
e0137810_235196.jpg
内容は、意識を無限に拡大することにより過去を透視できるようになり、パラドックスを伴わない真の時間旅行が実現するというSF小説です。もちろんフィクションですが、作者はこの能力を使えると信じている(もしくは既に使っている)のだと思います。なぜなら、これをオカルト本としてではなくSF小説として発表する作者の冷静さがただのアブナイ人ではないことを証明し、それによって現実感が増し、ボクの意識が無限に拡大したからです。
更に、最近ベッドの下から出てきた、村上龍の「ヒュウガウィルス」の後半とリンクしていて、ますます時間旅行が手軽になりました。
[PR]
by architect_osaka | 2009-02-10 02:14
万引き
e0137810_1636163.gif
スウェーデンの画家Ragnar Perssonは、芯のめちゃくちゃ細い1本6ユーロ(約700円)のエンピツを2ヶ月に一回デパートへ行って5本盗んで絵を描いて、日本のメディアレイピスト宇川直宏はその昔、友人が万引きしてきてくれた編集機材でビデオをつくって、あるグラフィティライターはこれからグラフィティを始める人へのアドバイスとして、まずは近所のスプレー缶をパクりやすいお店を見つける事と述べ、万引き専門のミニコミ「ガメスト」はパソコンもコピー機も本を綴じるホッチキスの一本まで全て「ガメ」で作っている。
[PR]
by architect_osaka | 2009-02-09 00:27



大阪・梅田ARCHITECTのスタッフ2名のブログです。
by architect_osaka

ARCHITECT
大阪市北区中崎西1-6-36 サクラビル217地図
TEL 06-6374-5476
営業時間/13:00-20:00
土曜、日曜のみ営業です
<取り扱いブランド>
PoloRalphLauren
RRL
RalphLauren RUGBY
AMERICAN LIVING
J.CREW
and more